嵐山の紅葉。見ごろの時期は?ライトアップや観光スポット紹介[2016年]

紅葉

紅葉の秋!京都嵐山を楽しもう♪

嵐山は京都屈指の観光名所。日本の名勝地ですね。

日本の桜名所100選にも選ばれており、秋には山々が赤や黄色に染まります。

歴史ある風景と一緒に楽しめ観光地、京都ならではの楽しみを満喫できますよ♪

今年の秋には、そんな嵐山の紅葉を楽しんでほしいです。

嵐山の紅葉の見頃の時期や観光スポット、ライトアップ情報などご紹介します。

まずはざっくりと、最低限のおすすめ情報をお伝えします。詳しく知りたい方は最後まで読み進めてください♪

 

スポンサードリンク

京都・嵐山のお楽しみポイント

四季折々の美しさを楽しめる京都嵐山。桜と紅葉の美しさはすばらしく、多くの観光客が訪れます。

色づく木々を背景に、曲線の美しい渡月橋がかかる風景はとっても有名です。

そんな嵐山のお楽しみポイントは…

  • 駅から降りた瞬間から目に入る紅葉
  • 電車の車窓からの景
  • 遊覧船や川下
  • 神社や寺など歴史的な風景とマッチする紅葉
  • 日本庭園と紅葉

トロッコ列車から見る風景も素晴らしいですよ。紅葉が広がる名所が多く、1日楽しめます。

毎年11月第2日曜に行われる嵐山もみじ祭では、大堰川に舟が浮かび、平安管絃等の伝統芸能を見ることができ、

岸辺では嵯峨大念仏狂言や島原太夫の道中を楽しむことができますよ。

紅葉の時期に合わせて仕事のお休みを取れたら良いですね♪

  • 色づき始め:11月中旬 
  • 見頃の時期:11月下旬~12月上旬
  • 紅葉祭り:嵐山もみじ祭 2016年11月13日(日)<毎年11月第2日曜開催>[問合せ先:嵐山保勝会075-861-0012]

幻想的なライトアップは必見!

ライトアップされた風景を夜のトロッコ列車から見るのもオススメです。

ここまで、簡単に京都嵐山についてお伝えしましたが、魅了はまだまだたくさんありますよ。

それでは、詳しく見ていきましょう♪

紅葉の時期@京都

11月下旬〜12月中旬が京都の紅葉を楽しむには一番いい時期です。

ちょっと肌寒くなる時期ですが、11月下旬は多くの観光客で賑わいます。

時期を逃さず京都の紅葉を満喫したいですね。

もちろん、年ごとに見頃の時期は違いますが、11月中旬を目安にすれば大丈夫だと思います。

紅葉の見ごろは時期によって違いますが、気温によって変化するのが紅葉。

ちょっと北に足を運べば、紅葉の少ないところよりも綺麗な紅葉の風景に出会えることもありますよ。

見頃は11月中旬から

11月中旬から12月中旬の一ヶ月が見頃のシーズンです。

少し気温が高めの11月中旬は、紅葉狩りがオススメ。

空気も澄んでいるし、山の周囲まで綺麗に紅葉しています。

家族で旅行に来るも良し、デートで訪れるにも良し、是非この時期を選んでくださいね♪

ちょっと寒い時期で、夜には冷え込むため、夜景も楽しみたいようでしたら厚着がオススメです。

紅葉の時期には社寺の夜間拝観が行われているので、ライトアップされた紅葉や社寺、町並みを一緒に楽しめます。

11月下旬の混雑にはご注意を

紅葉の時期で一番混雑するのは週末や祝日。連休になれば多くの観光客が訪れます。

紅葉は世界的にも注目されているので、世界中から人が集まります。

宿泊をするなら3ヶ月以上前には宿泊先の予約をしておくと安心です。

混雑し過ぎていると、紅葉がなかなか楽しめないこともあります。

混雑時期を避けるなど、訪れるタイミングも工夫するといいかもしれません。

場所によって変わりますが、散策道や山などの入場時間の制限がない場所なら、

早朝や夜間の紅葉を楽しめます。ライトアップがされているので十分満喫できますよ。

けれど、11月にもなれば早朝や夜間はかなり冷え込むので、防寒対策はしっかりしてくださいね。

 

スポンサードリンク

嵐山の楽しみ方

嵐山は京都らしい景色が思う存分満喫できるエリアです。

紅葉ん色づきは毎年その姿を変え、訪れる人々を楽しませてくれます。

秋に京都観光へ行く場合には、嵐山エリアは必ず訪れてほしい名勝地です。

嵐山もみじ祭り

舟にも乗れる嵐山のもみじ祭り。京都の風情を感じるにはぴったりのイベントです。

紅葉の時期には訪れる人が多く、とっても賑やかですよ。

着物で来られる方もたくさんいらっしゃり、舞妓さんにも出会えます。恋人と一緒に行くのも良いですね。 

<天龍寺>でまったりと

広い池と庭園のある<天龍寺>。敷地いっぱいに広がる紅葉がその場の雰囲気と魅力を引き立てます。

紅葉が池面に映り、その場にじっと立って周りを見渡すだけで風情を感じます。

普段の忙しさを忘れ、ゆっくりと流れる時を感じながら景色を堪能できる最高のスポットです。

一度は乗っておきたいトロッコ列車

トロッコ列車に乗って、山の中を進みながら見る紅葉はオススメです。

雰囲気は抜群で移り変わる景色を眺めながら紅葉を楽しめます。

そんなに速いスピードで進まずゆっくり走るので、写真撮影も問題ありませんよ。

トロッコ列車なら、お子さんとも一緒に楽しめますし、お年寄りの方も疲れずに楽しめます。

ライトアップされた紅葉

夜間にライトアップされている紅葉。神秘的な雰囲気で日頃の生活を忘れてしまいそう。

昔は作り出せなかった夜の景色を光が照らし出してくれます。

夜の暗闇に照らされる赤や黄色の透き通った色合いはなんとも言えず、お寺や道端が違った表情を見せてくれます。

ライトアップされた木々の色づきを見ながら過ごす時間は、きっと心に残る良い思い出になるはずです。

特にライトアップが綺麗な<高台寺>

ライトアップが最も美しいと言われるのは、紅葉の名所<高台寺>。

季節ごとにライトアップが異なるのがこのスポットの特徴。季節ごとの差を見るのも楽しいですよ。

歩く場所によってはちょっと怖いと感じる場所もありますが、雰囲気は非常に良いスポットです。

赤い鳥居の<貴船のもみじ灯篭>

赤い鳥居が無数に並んでいる<貴船のもみじ灯篭>。有名なスポットの一つですね。

ここも紅葉ライトアップが綺麗な場所です。

紅葉が綺麗に照らされて、色づく葉の色が周囲の景色に合わさって、とっても幻想的な雰囲気を作り出しています。

もみじの紅葉でつくられたトンネルも神秘的で、訪れる人の心を魅了します。

嵐山の紅葉名所3選

厭離庵 [えんりあん]:京都市右京区

藤原定家が「小倉百人一首」を編纂した山荘跡にある<厭離庵>は、落ち紅葉が有名です。
境内がもみじで彩られていてとても綺麗な名所。
庭園に落ちた赤い紅葉は、感動のあまり言葉を失うほどです。
紅葉の時期のみの限定公開となっています。

  • 見頃の時期 11月中旬〜12月上旬
  • TEL  075-861-2508
  • 住所 京都市右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町2
  • 拝観時間  9:00-16:00
  • 公開期間 11月1日〜12月7日
  • 拝観料  大人 500円
  • アクセス 市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車 徒歩約10分
  • 駐車場 なし  

常寂光寺 [じょうじゃっこうじ]:京都市右京

重要文化財のある<常寂光寺>は時を忘れる静寂さの中にひっそりと立っています。
塀のない寺で、色彩豊かな風景が周囲に広がっています。高さ約12mの多宝塔周辺の紅葉がとても有名。
京都に来たら必ず行きたいと思う人が多い、大人気の紅葉名所です。 

  • 見頃の時期 11月中旬〜12月上旬
  • TEL 075-861-0435
  • 住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
  • 拝観時間  9:00-17:00(16:30受付終了)
  • 拝観料 大人400円、小学生200円
  • アクセス 市バス「嵯峨小学校前停」下車 徒歩約10分
  • 駐車場  あり
  • イベント 12月8日~12月17日「夜間拝観」17:00-20:00(特別拝観料 大人400円 子ども200円)

天龍寺[てんりゅうじ]: 京都市右京区

醍醐天皇を供養するために建てられた<天龍寺>。足利尊氏が建立。
亀山を借景にし、大きな曹源池に映り込む紅葉がとても幻想的で美しいです。
足を運べる方は、11月の土曜・日曜・祝日、11月17日~12月2日の期間に早朝参拝へぜひご参加ください。
朝7:30~拝観できます。澄んだ空気と日の光に紅葉が照らされ、曹源池に反射する景色は息を飲むほどです。

  • 見頃の時期 11月中旬〜12月上旬
  • TEL  075-881-1235
  • 住所 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
  • 拝観時間  8:30-17:30 (早朝参拝7:30〜 ※11月の土・日曜・祝日と11月17日~12月2日)
  • 拝観料 庭園:大人500円、小中生300円(諸堂参拝は追加100円)
  • アクセス 嵐電嵐山駅下車すぐ
  • 駐車場 あり(120台 1日1,000円)

編集後記

京都・嵐山の紅葉の見頃や観光スポット、ライトアップ情報などを書きましたが、いかがでしたでしょうか?

紅葉の美しい時期はもうすぐ。今年の秋は、嵐山の紅葉名所を訪れるのいかがでしょうか。

紅葉の他にもオススメの楽しみ方もたくさんあります。美味しい食事と癒しの温泉、ドライブもいいですね。

嵐山はいろんなことが楽しめる最高の場所です!ぜひ足を運んで日本の風情を満喫してください♪

スポンサードリンク

紅葉