熊野除福万燈祭(第55回新宮花火大会) 2017の日程、穴場スポット、場所取り、駐車場は?

花火

初日は徐福公園で徐福の供養式典が行われ、2日目は熊野川河川敷にて花火大会が行われる。

熊野川の自然美に沿った長さ 400mのナイアガラや水上スターマインが見どころ。

 

スポンサードリンク

熊野除福万燈祭(第54回新宮花火大会)(2016年) 開催要項

開催日 2016年8月13日(土)
開催時間 19時30分~21時00分
天候不順の場合 小雨決行。荒天の場合は、8月20日(土)に延期。
開催場所・打ち上げ場所 熊野川河川敷

花火 打ち上げ数 約5,000発
昨年の来場者数 約5万人
所在地 和歌山県新宮市 熊野川河川敷
問合せ先 0735-23-3333 新宮市商工観光課
駐車場 約300台(無料)
交通規制・通行止め 会場周辺の交通規制:あり(19:00~21:00、新熊野大橋で歩行者・自転車通行止)
トイレ 10か所
アクセス方法(電車) JRきのくに線 新宮駅より徒歩15分
アクセス方法(車) 熊野尾鷲道路熊野大泊ICから国道42号を新熊野大橋方面へ車で25km。

新宮花火 水面点火(2015年)の様子

熊野徐福万燈祭 第51回新宮花火大会(2013年)の様子

熊野除福万燈祭(第54回新宮花火大会)の見どころ

徐福の遺徳を偲ぶために始められた花火大会です。

徐福は、始皇帝の命を受け長生不老(不老不死)の霊薬を探す旅に出て、日本に渡来したと言われている人物です。

同時早打ちやスターマイン、仕掛け花火など、趣向をこらした数々の花火が新宮の夜空を彩ります。

 

スポンサードリンク

花火の種類

4号玉、ナイアガラ、スターマインなど

熊野除福万燈祭(第54回新宮花火大会) 観覧穴場スポット

熊野川河川敷

穴場スポットではありませんが、会場である熊野川河川敷での花火観賞がオススメです。

屋台、売店、露店の出店は?

あり(約100店)

有料席は?

ありません。

無料駐車場情報

無料で300台ほど用意がされるようです。

場所などの詳細がわかりましたら、こちらに掲載をいたします。

尚、無料駐車場は和歌山県側になり、三重県側にはありませんのでご注意ください。

持参した方がいいものは?

  • ビニールシート(レジャーシート)
  • ゴミ袋(食べ物、飲み物を持参する場合)
  • うちわ
  • 飲み物(できれば保冷付きのトートバックに凍らせて)
  • 傘(天気予防が悪い場合)
  • レインコート(天気予防が悪い場合)
  • 防寒着(風が強い場合などは体感温度が下がるので)
  • タオル
  • ウエットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • 虫よけスプレー(私は必需品です)

最後に

熊野大橋全体を使って行われるナイアガラは、新宮花火大会の見所の一つです。

雄大な熊野川にかかるナイアガラを是非間近で見てみてください!

 

スポンサードリンク
花火