名古屋駅での待ち合わせは、ココが定番です!

名古屋駅

愛知県の県庁所在地である名古屋市。

東海地方以外の方は、名古屋市が愛知県であることを知らない人も居ますが、一応、新幹線も走っていて、のぞみ号も停車します。

そんな名古屋で買い物をする場合に行くところと言えば、栄か名古屋駅周辺になります。

一昔前までは、名古屋で買い物と言えば「栄」でしたが、最近では名古屋駅周辺で再開発が進み、大きな商業ビルも増えてきています。

そんな新しくなった「名駅」! ※地元の人間は名古屋駅と「名駅(めいえき)」と呼びます。

 

待ち合わせとなった場合に、いきなり新しいところので待ち合わせは無理なので、定番の待ち合わせ場所にどうしてもなると思います。

そんな名駅での定番の待ち合わせについて、おさらいを兼ねて書いてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

名古屋駅周辺での待ち合わせ場所は、この3か所を抑えておけばベスト?

名古屋駅周辺の待ち合わせの定番と言えば、「金の時計」、「銀の時計」、「ナナちゃん人形」と言われているがこれは間違いないことだとは思う。

しかしながら、「金の時計」と「銀の時計」については、実は良く場所を知らない名古屋人(愛知県人)も多く存在するので、注意が必要です。では、1か所ずつ紹介していきます。

金の時計

3つの待ち合わせスポットの中で1番便利なのことにあるので、定番中の定番と言えます。この場所はJR、地下鉄、名鉄の名古屋駅から近く、待ち合わせする人たちが、いろいろな方面から集まってくる場合は「金の時計」がベストです!

金の時計

しかしながら、知らない人も多くいるのも事実です。例えば、「金の時計」と言ってもわかってもらえない場合の説明としては、「高島屋と高島屋の間のJRコンコース。1階から2階に長いエスカレータがあって、その下のところが金の時計」何て表現したりします。

それでもわかんない場合は、「人が立ち止まって電話している人が一杯いるところ」をプラスすることで通じます。

何せ「金の時計」で待ち合わせる人が以上に多いので、金の時計についても出会うことができないので、結局はメールや電話することになるのです(汗)

万が一、それでもわからない場合は「駅の改札の出口まで行くので動かないように・・・」ということもあります。

 

ひとつ注意点があるとすれば、「人に聞けばわかる」という誤解です(汗)

後程、紹介する「ナナちゃん人形」は昔からありますし、季節によってナナちゃんが色々な服装に変身するためニュースでも取り上げられるので、東海地方の誰しもが知っている定番なのですが、こちらの「金の時計」については、まだまだ、新しいイメージがありますので、聞いたことがあっても場所を知らないという人が多いのも事実です。

 

また、この場所に行けばわかるのですが、「金の時計」は人の目線ではなく、かなり高いところにありますので、多くの人が待ち合わせをしているその場所が「金の時計」であるということを知らない人もいるわけです。

そう言った点からも「聞けば何とかなるでしょう」というのは、危険かもしれません(汗)

 

スポンサードリンク

銀の時計

こちらはJR名古屋駅の太閤通り口の方にあります。(金の時計は桜通り口の方になります。)

簡単に言えば、新幹線の北口と南口のちょうど中間と言えばわかりやすいかもしれません。(名古屋駅の新幹線から直接出る改札は、2か所です。)

先ほどの金の時計は、時計自体が結構高いところにあるのですが、こちらの銀の時計は3mくらいしかありませんので、見逃す可能性もありますので、注意してください。太閤通り口方面にお店に行く場合は、こちらの銀の時計の方が近いですし、空いているのでいいと思います。

ちなみに、この「銀の時計」で待ち合わせしているのは、サラリーマンの方や、これから新幹線で旅行に行かれる方などが多く利用する傾向にあるようです。

 

ナナちゃん人形

こちらは昔から変わらず使われている待合いの場所です。ただ、JR名古屋駅、地下鉄、名鉄の名古屋駅からは少し距離があります。(一番近いのは、近鉄名古屋駅)

名鉄メルサや名駅のヤマダ電機に向かうと見つかると思います。(ただし、地下からではなく地上から行ってください。)

こちらの待ち合わせは、主婦の方やカップルが多いような傾向ですかね。

 

編集後記

今回は、名駅(名古屋駅)の待ち合わせの定番の3か所をご紹介しました。

面白いのは、それぞれ待ち合わせをしている人たちの傾向が似ているということ。

ですので、その傾向と違う方が行くと、待ち合わせの相手がすぐに見つかるかもしれませんね。

 

ちなみに、「栄」の方の待ち合わせは、日本で最初の地下街は、名古屋ということをご存知ですか。の記事の中で紹介している「クリスタル広場」がド定番となります。

少し残念なことは、オブジェが撤去されてしまったこと。イベントスペースに変わるということのようですが。

ただ、名称についてはそのまま「クリスタル広場」ということなので、これからも栄の待ち合わせの定番で居続けることは間違いないでしょうね。

 

スポンサードリンク
名古屋駅