熱田神宮 初詣 2017。車の交通規制や混雑は?電車でのアクセス方法は?

熱田神宮

初詣の参拝者数のランキングで常に上位に入る熱田神宮。

中部地方では最大の参拝者数を誇り、毎年、200万人以上が初詣に訪れます。夜店(屋台)も多く出店されているので楽しみですよね。

そんな有名な熱田神宮への初詣ですが、毎年、行っている方であれば、その混雑状況や交通規制などの情報をご存知だと思いますが、2017年に初めて熱田神宮の初詣に出かけるという方はちゃんと事前に情報を入手しておかないと、熱田神宮の境内にすら、なかなかたどり着けないということにもなりかねませんので、注意してくださいね。

では、昨年までの情報を交えながら、まとめていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

熱田神宮 初詣 2017の混雑予想は?

熱田神宮

熱田神宮は中部地方では1番、全国で見ても5番目に初詣の参拝者が多い神社になりますので、「空いている日時」というのは、基本、ありません。混雑を覚悟して行く必要があります。

それでも、少しでも混雑を避けたいのが心情ですよね。

例年の混雑情報になりますが、参考に乗せておきます。また、天気が悪い場合は若干の混雑は減るかもしれませんが、その分、傘の花が開きますので、動きが鈍くなることが考えられますので、注意が必要です。

【大混雑予測】

  • 12月31日:夜
  • 1月1日、2日、3日:日中

【混雑予測】

  • 1月1日、2日、3日:夜

 

では、1月4日以降なら空いているかというと、会社が新年の営業を始めたりしますので、会社の同僚と初詣に熱田神宮に行かれる方もいらっしゃいますし、1月5日は「初えびす」がありますので、この1月5日までは、混雑することを覚悟する必要があります。

熱田神宮 初詣 2017の交通規制は?

熱田神宮周辺では例年、12月31日から1月5日まで交通規制がひかれます。

特に熱田神宮の東側にあたる名鉄 神宮前駅は、12月31日から1月3日までは歩行者専用道路となり、車の乗り入れができません。

また、熱田神宮の南側や西側の伏見通りを挟んだ反対側の道でも、車両通行禁止となりますので、熱田神宮に近くまで車で行くことはできませんのでご注意ください。

ちなみに、普段ですと熱田神宮には、

  • 東門駐車場:約300台
  • 西門駐車場:約40台
  • 南門駐車場:約60台

の合計約400台分の駐車場がありますが、例年、12月31日から1月5日までは使うことができませんので、ご注意ください。

熱田神宮へのアクセス方法

車で

熱田神宮

※ 12月31日から1月5日までは、熱田神宮の駐車場は使うことができません。

【東京方面より行く場合】

東名高速道路で名古屋方面に向かい豊田JCTで伊勢湾岸自動車道に乗り換えます。そして、名古屋南ICから名古屋高速3号大高線に乗り換え、呼続(よびつぎ)出口で降ります。堀田通りの「地下鉄堀田」交差点を左折し、国道1号線へ入り、「伝馬町」交差点を右折し直進すると東門に到着します。

 

【大阪方面より行く場合】

名神高速道路を名古屋方面に向かい、一宮ICから名古屋高速16号一宮線に乗り換えます。そして、堀田出口で降り、堀田通り「地下鉄堀田」交差点を左折し、国道1号線へ入り、「伝馬町」交差点を右折し直進すると東門に到着します。

 

尚、熱田神宮周辺の交通規制に注意してください。

 

スポンサードリンク

名鉄 神宮前駅から

熱田神宮の東門に一番近い駅になります。名古屋市郊外の東海3県から来られる方が一番便利なのが、名鉄 神宮前駅を利用することになります。

名鉄 名古屋駅からであれば普通電車で3駅目(山王→金山→神宮前)、それ以外の電車であれば2駅目(金山→神宮前)ということになります。注意点としては、特急に乗車する場合です。

一部指定特急であれば一般席を利用すれば問題ありませんが、一部指定特急の指定席や、全車指定特急の場合は、「特別車両券(ミューチケット)」として360円が追加で必要になりますので、注意してください。

尚、年末年始は特別ダイヤで運行されますので、名古屋鉄道の公式サイト(http://top.meitetsu.co.jp/)で確認してください。

名古屋市営地下鉄 名城線 神宮西駅から

熱田神宮の西門に一番近い駅になります。名古屋市内の方が電車を使って行かれる場合には、この地下鉄を利用することが多いです。

名古屋の中心、栄駅から6つ目の「神宮西」駅で下車します。地下鉄の乗車時間は約11分になります。

注意点としては、名城線は金山駅で名港線に直接、乗り入れている電車がありますので、「名古屋港行き」の地下鉄には乗らないということになります。

JR東海道線 熱田駅から

JR 熱田駅からは、熱田神宮の東門にアクセスすることになります。ただし、名鉄 神宮前駅、地下鉄 名城線 神宮西駅と比べるとアクセスしにくいです。

理由は、熱田神宮までの距離のほかに、JR 熱田駅は、普通電車しか停車しませんし、本数も少ないです。(年末年始は停車本数が増えるとは思いますが)

熱田神宮周辺の有料駐車場情報

先ほど、熱田神宮の駐車場は、12月31日から1月5日まで使えないということをご案内しましたが、それでも事情があって車で行かないといけないという方もいらっしゃると思いますので、周辺の駐車場をご案内しておきます。

ただ、考えることは皆さん同じなので、早く駐車場が埋まってしまいますので。

コジマ×ビッグカメラ熱田店

  • 愛知県名古屋市熱田区大宝2-4-22
  • 営業時間:24時間入出庫可能
  • 収容台数:305台
  • 料金:1時間毎に100円。最大400円(24時間以内)

名鉄協商パーキング神宮西口駐車場

  • 愛知県名古屋市熱田区神宮3-6
  • 営業時間:7時00分~22時00分
  • 収容台数:440台
  • 料金:1時間毎に300円。

カーマ21熱田店[1月2日以降]

  • 愛知県名古屋市熱田区花表町2103-1
  • 10時00分~21時00分

カインズホーム名古屋堀田店[1月2日以降]

  • 愛知県名古屋市瑞穂区新開町24番55号
  • 9時00分~22時00分

 

尚、すべての情報は、2016年11月11日現在のものですので、最新情報は各自、ご確認ください。また、お店の場合は、買い物もしていきましょうね。

編集後記

初詣。有名どころは混雑するのは避けて通ることは難しいですね。

最も混雑するのが、31日0時から1月1日の午前3時頃ですね。そして間違えていけないのは、31日の夜からも混むということです。

皆さん、新年を迎えてからお参りになりますので、31日の夜には行列の動きが悪くなりますので、注意が必要です。

また、一番のおすすめ時間帯としては、1月1日 午前4時から午前6時です。ただ、おすすめと言っても混んでいることには間違いがありませんが。

あと、何時に行く場合でも、服装には気を付けてくださいね。

 

スポンサードリンク
熱田神宮