ウエストダイエット成功の秘訣は腰をひねる運動とは?

ウエストダイエット

ぜい肉の落としにくいウエストのダイエット方法とは

体脂肪が蓄積するとウエストサイズが多くなるため、ダイエットの時に苦戦するようになります。ひとたび皮下脂肪がつくと、ウエストサイズが一向に減らせなくなって困る人も少なくありません。

 

ウエストのダイエットは、筋トレがオーソドックスな方法だと考えている人もいますが、定番の腹筋運動ではウエストの引き締めにはなりません。腹筋で使う筋肉は腹直筋ですが腹横筋や、腹斜筋などの筋肉もバランスよく使うことがウエスト痩せのコツです。

 

ウエストの周りのシェイプアップを目指して筋トレをするなら、腹直筋以外の筋肉も使う運動をする必要があります。上半身をひねる動きによって、腰の筋肉をよく伸ばすことで、皮下脂肪の代謝を促すことが可能です。

 

時間の合間に、腰を左右に回す運動をしたり、上半身をねじる運動をすることで、体脂肪を減らす効果が期待できます。筋トレの中でも、プランクと呼ばれる方法は、高いウエストダイエット効果が期待できます。

 

インナーマッスルを強化することで、腰周りだけでなく、全身のダイエットにも役立てることができます。骨盤にズレやゆがみがあると、ウエスト周りの代謝が低下して皮下脂肪が蓄積しやすくなりますので、歩き方や姿勢の矯正も心がけましょう。

 

筋肉をやわらかく保ち、血流を良くするには、ストレッチも効果的です。筋肉を鍛えて、血流のいい体になることでダイエット効率を上げるには、背筋の伸びたいい姿勢でいることが肝心です。

 

スポンサードリンク

ウエストのダイエットでメリハリのあるボディーラインを作る

ダイエットでウエストのシェイプアップをすれば、くびれのはっきりしたボディになれます。インナーマッスルを使う筋トレによって、ウエストの引き締め効果が可能になります。ダイエットを成功させて内臓脂肪の燃焼を促進させることが、生活習慣病の対策にもなり、健康にも役立ちます。

 

ウエストを引き締めるためには、腹筋を鍛えることが必要ですが、腹筋運動だけではダイエットできません。腰痛気味な人は、無理に腹筋をすると余計に腰にダメージがいく可能性がありますので、用心が必要です。

 

腹筋運動によるダイエットだけでなく、他の筋肉も使う運動をすることで、ウエストの引き締め効果が得られます。腹筋を強化するだけでなく、背筋も鍛えることが、ウエストダイエットの効果を高めるコツです。

 

毎日のウォーキングも、背筋や腹筋の強化に効果を発揮します。水泳やランニング、腕立て伏せなど、様々な運動がウエストダイエットに効果を発揮しますので、試してみるといいでしょう。異なる運動を実践することで、ウエストを引き締めるだけではなく、腰回りの筋力アップにも繋がるメリットがあります。

 

背筋が伸び、美しい姿勢をキープできるようになることも、腹筋や背筋を鍛えるウエストダイエットの良い点です。ウエストの引き締め効果だけでなく、姿勢改善効果もあることで、すっきりとした美しさを得ることができます。

 

スポンサードリンク

ウエストダイエット成功の秘訣は腰をひねる運動

ウエストのシェイプアップにいいことをしたいけれども、何を実践すればいいのか迷っているという人は結構いるようです。何をするかさえ知っていれば、ウエストをスリムにするダイエットは実行可能ですが、達成に自信がない方も多いようです。

 

ご飯を減らしたからといって、ウエストがへこむわけではありません。腹部に蓄積された筋肉をある程度減らしただけでは、きゅっと引き締まった印象にはならないのです。ウエストの引き締めでは、蓄積されたウエストの脂肪を減らすだけでなく、お腹の筋力強化も大切です。

 

地道な努力が必要ですが、まずは繰り返し腹筋運動を実施することで、筋力アップを目指しましょう。ウエストを支える筋肉を増強することで、カロリー制限ではできないプロポーションの改善効果が得られるでしょう。

 

ウエストひねりの運動を行うことで、お腹周りの筋肉をしっかり使うことができます。腹筋の動作で使う筋肉以外にも、腰を支えるインナーマッスルを強化するためには、運動の組み合わせが有効です。

 

効率的にウエストのダイエットを行うには、ウエストの両側面にある筋肉も使える、ひねりの動作が効果的です。身体に筋肉がつくと基礎代謝が高くなり、何もしないでいてもカロリーを消費できる身体になるのでダイエット効果もアップします。ウエストのダイエットをする時には腹筋とあわせて、ひねる運動によるシェイプアップも取り入れて、筋力アップを目指しましょう。

 

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています。

ウエストダイエット