和歌山城の周辺の駐車場。電車でのアクセス方法もご紹介

和歌山城

天正13年(1585年)、紀州を平定した羽柴秀吉(豊臣秀吉)が、弟の秀長に命じて紀ノ川河口部の「岡山」(現在の虎伏山)に城を築かせました。これが和歌山城の始まりになります。

また、和歌山城は日本100名城にも選ばれ、訪れる人も増えています。

 

「和歌山城に行ってみたい!」と思った時に気になるのが、「近隣に駐車場はあるのか」、「安い駐車場は?」、「無料駐車場はある?」、「車がないが、電車でも行けるのか?」ということですよね。

そんな気になることを調べてまとめてみました。参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

スポンサードリンク

周辺駐車場

和歌山城周辺には、多くの公営駐車場があります。よほど大きなイベントや行楽シーズンでもない限り停めることができると思いますが、周辺の民間駐車場も掲載しておきますので、活用してください。

尚、営業時間、料金についてはページ制作時点のものであり、変更されている場合がありますのでご了承ください。

公営駐車場

和歌山公園駐車場

  • 営業時間:24時間
  • 収容台数:62台
  • 料金:最初の1時間200円、2時間で350円、以降1時間毎に200円

岡公園駐車場

  • 営業時間:24時間
  • 収容台数:31台
  • 料金:30分150円、以降2時間まで30分毎100円、2時間以上1時間毎200円、1日最大料金 1,250円

市営中央駐車場

  • 営業時間:24時間
  • 収容台数:560台
  • 料金:1時間160円 以降30分毎160円(土日祝日は1時間毎) 1日最大(8:30~21:00)800円

和歌山県立美術館駐車場

  • 営業時間:9:00~18:00(美術館開館日のみ)
  • 収容台数:90台
  • 料金:1時間300円 以降30分毎100円

バス専用駐車場

  • 営業時間:24時間
  • 料金:2時間1,640円 以降1時間毎510円 ※18:00~翌8:00の間は、1時間毎100円

民間駐車場

  • タイムズ和歌山城前
  • タイムズ南汀丁
  • 和歌山東急イン駐車場
  • タイムズ追廻門前
  • 県庁前モータープール
  • 和歌山ロイヤルパーキング

駐車料金については、それぞれ異なりますので、現地にてご確認ください。

 

アクセス:電車で和歌山城に行く

大阪方面から行く

JR大阪駅を出発すると想定した場合、まず大和路快速 加茂行きで新今宮駅までいきます。

 

スポンサードリンク

そして新今宮駅にて南海電鉄 南海線に乗り換えて和歌山市駅まで乗車して、そこから徒歩となります。(駅からはバスもあります。)

所要時間は南海特急を利用して、1時間40分くらいです。

名古屋方面から行く

名古屋駅から出発する場合は、新大阪経由が便利です。

JR名古屋から新大阪までは新幹線を利用します。新大阪駅からは大阪市営地下鉄 御堂筋線を利用して、なんば駅まで行きます。

そこから南海電鉄 南海線で和歌山市駅まで乗車して、そこからは徒歩となります。(駅からはバスもあります。)

所要時間は、南海特急を利用して約3時間ほどになります。

 

和歌山城 基本情報

スポット名称 和歌山城 天守閣
住所 和歌山県和歌山市1番丁3
営業時間 9:00~17:30 ※受付17:00まで
定休日 12/29~12/31
入城料(入場料) 大人:400円
小・中学生:200円
アクセス(電車) JR和歌山駅または南海本線和歌山市駅からバスに乗り、公園前下車すぐ
アクセス(車) 阪和道 和歌山ICから15分
駐車場 62台 350円/2時間、以降200円/1時間
お問合せ 073-435-1044 和歌山城 整備企画課
公式サイト http://wakayamajo.jp/
その他 1/1(祝) 6:00~17:30 ※受付17:00まで

【注意事項】

  • 料金や営業時間、イベント期間などの変更等がある場合がございます。必ず、行かれる際にご自身にてご確認ください。

 

 

まとめ

最近、全国のお城やお城址に出かける人たちが増えてきています。

和歌山城は日本の名城100選にも選ばれたお城になります。

 

わたしもお城好きで昔は時間が出来ればひとりで出かけていたものですが、最近は色々な面で行けていないのが現状ですが、和歌山城は一度は訪れてみたいお城の一つです。

また、和歌山城のある和歌山公園内には和歌山公園動物園もありますし、和歌山公園の南には和歌山県立美術館もありますので、いろいろと観るところはあります。

行かれる方は楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク
和歌山城