名古屋のおすすめ観光スポットと聞かれたときに答えるのは、いつも名古屋城?(2)

名古屋港水族館

前回、「名古屋のおすすめ観光スポットと聞かれたときに答えるのは、いつも名古屋城?(1)」で、1位と2位の名古屋の観光地をご紹介させて頂きました。

その続きということで、3位からご紹介をさせて頂きます。

 

スポンサードリンク

3位 名古屋港水族館

これまで上げた3か所の中で一番行くのがここですね。魅力は何と言ってもイルカのパフォーマンスです。野外水槽では世界最大級の大きさで、3,000人を収容するスタンドがあります。実際には生で見るのが一番ですが、大きなモニターもあり迫力満点です。

ここは名古屋人と本当にお勧めできるスポットです。家族連れでも、カップルでも楽しい1日を過ごせること間違いなしです。

ついでと言ってはなんですが、すぐそばにシートレインランドという入場無料の遊園地があります。ここの観覧車も大きいですし、港にあるために遠くまで見渡せる景色は最高ですよ。ちなみにこの観覧車には、シースルーゴンドラもありますので、大丈夫な方は乗られてみては如何でしょうか。

では行き方ですが、港にある施設ですので、名古屋駅からは若干時間を要します。しかしながら、最寄駅からは徒歩5分程度ですので、電車が便利だと思います。

名古屋駅からですと、名古屋市営地下鉄東山線に乗って頂き栄で下車。乗り換えで名古屋市営地下鉄名港線の名古屋港行きに乗車して頂き終点で下車で5分程度です。

〒455-0033 名古屋市港区港町1番3号
観覧料:大人(個人)2,000円 / 高校生 2,000円 / 小・中学生 1,000円 / 幼児(4歳以上) 500円
営業時間:(通常)午前9時30分~午後5時30分 /(GW・夏休み)午前9時30分~午後8時00分 /(冬季)午前9時30分~午後5時00分
休館日:毎週月曜日(※祝日の場合は翌日)

安く入るには(割引き、クーポン)

名古屋市営のバスや地下鉄で移動される方になってしまいますが、ドニチエコきっぷ または 一日乗車券 を購入してください。まず、これで市バス、地下鉄での移動料金も安くなります。そして、名古屋港水族館への入館料ですが、大人が2,000円から1,800円になります。

 

スポンサードリンク

4位 東山動植物園

東山動植物園

アジア最大級の広さを誇る東山動植物園も人気のスポットです! 今、話題のイケメンゴリラの「シャバーニ」が待っていますよ!

 

ちなみに、この東山動植物園は、上野動物園について全国2番目の入場者数をほこります。そして、この東山動物園、入場料が格安です。

シャバーニに負けず劣らず人気なのがコアラです。でも、木の上で寝ているコアラしか見たことがないのですが、エサの時間だけは活発な動きを見せるようです。ちなみにコアラのエサ代は1頭当たり年間 5,600万円もかかるそうです。

東山動植物園

 

そして、食べるユーカリが1種類ではないようですし、結構、気難しい動物さんらしく、毎回、数種類のユーカリを用意するらしいのですが、どれを食べるかわからない。もちろん、用意したユーカリのうち気に入らないものは残してしまうということのようです。

1度見に行ってもらえればわかるのですが、この子たちにこれだけの費用をかけるのは、大変に疑問です。ほんとうに動かないですもん(汗)

最後に行き方ですが、名古屋駅からであれば地下鉄東山線 東山公園駅下車 3分ほどで到着します。ちなみに植物園から行かれたいという方は次の駅の星ヶ丘まで乗車してください。駅からは、10分程度です。オススメは東山公園から入り、星ヶ丘側から出るルートです。星ヶ丘から植物園の入り口までは上り坂が長く続きますので、くれぐれもご注意ください。

〒464-0804 名古屋市千種区東山元町3-70
観覧料:大人(高校生以上)500円 / 中学生以下:無料
営業時間:(通常)午前9時00分~午後4時45分
休館日:毎週月曜日(※祝日の場合は翌日)

安く入るには(割引き、クーポン)

名古屋市営のバスや地下鉄で移動される方になってしまいますが、ドニチエコきっぷ または 一日乗車券 を購入してください。まず、これで市バス、地下鉄での移動料金も安くなります。そして、東山動植物園への入場料ですが、大人が500円から400円になります。中学生以下が無料というのは、学生のデートスポットとしては最適ですね。

しかし、この東山動植物園にも都市伝説があります。この東山動植物園の上池のボートにカップルで乗ると別れるという噂話がありますので、心配な方は慎重に。ちなみに、うちの妻とは何度も東山動植物園に行きましたが、ボートには乗ったことがありません。

この噂が怖くて乗らなかったわけではなく、その頃は、「めんどくさかったから」というのが真相です(汗)

編集後記

今回は、ランキングだけではなく、お得になる割引情報についても調べて書いてみました。

ただ、東山動植物園なんかは、アジア最大級の敷地面積を誇る動植物園で、ここに大人 500円で中学生以下は無料というのは本当にありがたいですね。

「我が家も、行くところに困ったときには東山動植物園」が合言葉のようなもので、とても助かりました。

 

スポンサードリンク
名古屋港水族館