養老渓谷の紅葉。見ごろの時期は?アクセスや渋滞は?[2016年]

養老渓谷

千葉県の紅葉スポットでおすすめしたいのが、養老渓谷の紅葉です。

数多くの紅葉がグラデーションのように色づきます。

また、紅葉のイベントとして「養老渓谷もみじまつり」が催され、ライトアップもされますので、昼と夜の違った養老渓谷の紅葉をみることができます。

 

スポンサードリンク

 

養老渓谷の紅葉 [2016年] 見頃の時期

養老渓谷の紅葉は、11月中旬に色づき始めます。

紅葉の見ごろの時期をむかえるのは、11月下旬から12月上旬まで楽しむことができます。

紅葉のスポットとして「粟又の滝」、「中瀬遊歩道」、「懸崖境」などがあります。

養老渓谷 紅葉シーズンの混雑、渋滞は?

養老渓谷の紅葉シーズンに車で行く場合には、渋滞を覚悟する必要があります。

特に渋滞がひどい場所は、 「養老渓谷周辺」と「老川十字路から栗又」になり、日中は大渋滞をおこします。

少しでも渋滞に巻き込まれないためには、朝早くに現地に到着するように出発することです。

養老渓谷について

基本情報

  • 住所:千葉県夷隅郡大多喜町、市原市
  • アクセス(電車):[中瀬遊歩道]小湊鉄道養老渓谷駅から徒歩30分 [栗又の滝]小湊鉄道養老渓谷駅からバスで約20分または徒歩2時間30分、小湊鉄道・いすみ鉄道上総中野駅からバスで約20分
  • アクセス(車):首都圏中央連絡自動車道市原鶴舞ICから国道297号、465号、県道168号、県道81号線経由で約40分
  • 駐車場:有料
  • お問合せ: 0470-82-2196[大多喜町産業振興課]、0470-80-1146[大多喜町観光協会]
  • 公式サイト:http://www.town.otaki.chiba.jp/index.cfm/10,html

※ 情報は掲載時点のものです。変更されている場合がありますので、公式サイトなどでご確認ください。

駐車場

養老渓谷に駐車場はいくつか用意されています。

しかしながら、渋滞は避けられませんので、そんなタイミングで着いたときには停めることが確保できるかもわかりません。

少なくとも駐車場には、朝の9時までに到着することを目標にして、行動計画を立てることをおすすめします。(もっと、早くても良いかもしれませんね)

 

スポンサードリンク

栗又の滝 駐車場

滝から一番近い駐車場です。栗又の滝に行かれる人は便利なので、この駐車場は早めに満車になる確率が高いと考えた方がよさそうです。

  • 住所:千葉県夷隅郡大多喜町粟又157
  • 駐車台数:大型車3台 / 普通車37台
  • 駐車料金:大型バス 2,000円、中型バス 1,500円、マイクロバス 1,000円、普通車・軽自動車 500円

養老渓谷 温泉街駐車場

中瀬遊歩道からのアクセスが便利な駐車場です。

養老渓谷もみじまつり・ライトアップ

もみじまつり

例年、11月23日の勤労感謝の日に行われます。開催時間は、10時から15時で、開催場所は、いすみ鉄道上総中野駅前、養老渓谷やまびこセンター前、旧会所分校の3か所に分かれ、それぞれイベント内容が異なります。

  • 忠勝鍋による豚汁の販売(いすみ鉄道上総中野駅前)
  • 餅つきの実演と販売など(養老渓谷やまびこセンター前)
  • 地元産のそば粉を使った手打ちそば・焼き芋の販売・和太鼓の演奏・チェーンソーカービングアートなど(旧会所分校)

それ以外にも、地域の農産物の販売も行われます。

紅葉ライトアップ

ライトアップの時期については、毎年、紅葉が色づく時期が変わりますので、直前に発表されています。

例年であれば、11月下旬から12月初旬まで行われます。

ライトアップされる時間としては、17時00分頃から21時30分ころまでで、ライトアップの会場は栗又の滝、老川十字路、中瀬遊歩道となります。

編集後記

関東で一番遅くまで楽しめる紅葉スポットが養老渓谷になります。養老渓谷はとても範囲が広いですので、移動時間がかかりますが、渋滞にも捕まってしまいます。

養老渓谷観光協会(http://www.youroukeikoku.com/)のホームページでは色々な情報が公開されていくと思いますので、養老渓谷に紅葉を見に行く場合は、必ず、事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

【周辺の紅葉スポット】

 

スポンサードリンク

養老渓谷