敬老の日 孫から贈るお祝いメッセージ文例集。喜んでくれるのはどんな言葉?[孫から編]

敬老の日

「敬老の日」に贈るメッセージ。

もしあなたに子供さん(おじいちゃん、おばあちゃんからしてみたら孫)がいらっしゃるのであれば、お子さんからも是非、メッセージを書いた手紙を渡してあげてください。

 

大人は色々と考えがちで、筆が進まないですが、素直な子供たちは気にすることなく、思ったことを自分の言葉でスラスラと書くのではないでしょうか。

 

「敬老の日」で毎年のように子供たちから、メッセージカードを贈ることによって、祖父や祖母は

  • こんな難しい漢字が書けるようになったんだね。
  • 字がとても上手になったね

という孫たちの成長を感じることができます。

 

スポンサードリンク

 

こんな些細な事でも

  • 飲みすぎないようにしよう
  • 健康に気を付けよう

と祖父母に思わせる効果があるのではないでしょうか。

 

今年の「敬老の日」は、是非とも、全世代からお祝いのメッセージを贈ってみては

敬老の日に孫から贈るメッセージのポイントは?

孫(子供)の素直な言葉で

どうしても内容を良く見せようとして、大人が介入しすぎることがありますよね。「あれ書け」、「これ書け」という前に、まずは子供に好きに書かせてあげることが重要です。

子供の立場だと教えられることはあっても、教えることや自由にできることは少ないです。「好きに書いていいんだ」と思えれば、子供の新たな一面を見ることができるかもしれませんし。

 

大人がチェックすることは、言葉遣いや、追加する内容ではなく、「これは書かない方が良いかな・・・」ということです。

子供は素直です。そこへの気遣いは、親であるあなたがしてあげましょう。

 

スポンサードリンク

具体的な内容を織り交ぜて

  • この前、○○で遊んでくれてありがとう。
  • 動物園に連れて行ってくれてありがとう。

など、具体的な内容があると良いですね。

祖父母にとっては「覚えていてくれたんだ」と、とても嬉しい気持ちになりますし、「今度はどこに連れて行ってあげようか」と先々の事が楽しみになると思います。

孫からの約束

例えば

  • 世界地図をみて、国の名前が言えるようになったから教えてあげるね。
  • 速く走れるようになったから、今後、見てね。

という、孫から祖父母に「教える」という約束です。

 

先ほども言いましたが、子供は「教える」という機会に恵まれていません。

しかしながら、「誰かに教える」ということは、子供にとって嬉しいことですし、一生懸命になれるものです。

 

そんな孫の一生懸命さを見れると、祖父母はとても嬉しいですよね。

敬老の日

孫からのお願い

例えば、

  • 今度は、○○遊園地のジェットコースターに一緒に乗ってね。
  • 魚釣りをしてみたいから、今度、川に連れてってね。

というようなことです。

うちの両親もそうですが、このような話を書いておくとしっかりと覚えておいてくれで、準備もしてくれます。

親としては非常に助かりますね(汗)

敬老の日

敬老の日 メッセージ文例 [孫から編]

メッセージ文例1 [幼いお孫さん・未就学]

おじいちゃん、おばあちゃんへ

いつも○○(孫の名前)とあそんでくれてありがとう。

このまえ、行った公園のブランコ楽しかったです。

また、つれて行ってください。

いつまでも元気でいてください。

メッセージ文例2 [小中学生]

おじいちゃん、おばあちゃん

いつも僕のことを気にかけてくれてありがとう。

また、勉強もいっぱい教えてくれてありがとう。

ぼくは、まだまだ知らないこと、知りたいことがいっぱいあるので、今後、また教えてください。

いつまでも元気で、夫婦仲良く暮らしてくださいね。

メッセージ文例3 [大人・成人]

おじいちゃん、おばあちゃんへ

いつも僕の事を優しく見守ってくれて、本当にありがとう。

大学を卒業し、社会人1年生として東京で生活をしています。

年末には実家に帰省をしますので、お土産を買っていきますね。

まだまだ暑い日が続きますが、お体に気を付けて頂き、長生きしてくださいね。

編集後記

今回は「お孫さん」からの「敬老の日」のメッセージについて書いてみました。

 

近いうちに、「敬老の日 介護施設の高齢者に贈るお祝いメッセージ文例集。喜んでくれるのはどんな言葉?[施設編]」を書かせていただく予定にしています。

この記事が、あなたのお役に立てれば嬉しいです。

 

【関連記事】

 

スポンサードリンク
敬老の日